読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれ!まなぶひと!

中学受験経験者がスタディアプリを使ってみて、レビューするブログ

こんな方法が!? スタディサプリの月額料金をポイントでお得に払う方法

節約して勉強する方法

受験勉強対策のスタディサプリと、英語を勉強するためのスタディサプリEnglishは、便利なサービスなので、使っている人も多いと思います。

このスタディサプリ、実は月額料金をポイントで払って、安く使う方法があるんです。今回はこの方法を紹介します。

スタディサプリは実はポイントが使える

小・中・高・大学生、そして、英語の勉強に使えるスタディサプリ、月額料金はとてもリーズナブルで、それぞれ980円で使うことができます。

980円だからそれくらい払うなぁ・・・という人もいると思いますが、実はこの月額料金はポイントで支払うことによって節約することができるんです。

 

こちらの画面は、実際の支払い画面。ポイントから払うことが可能になっています。つまりポイントを使えば、月額料金を安く抑えることができるんです。

 

ポイントはどうやって貯める?

リクルートのサービスは、基本的に共通ポイントとなっています。

中でも一番貯めるのが簡単な方法が、リクルートカードを利用する方法。リクルートが発行しているクレジットカードです。

 

リクルートカードは年会費無料で、1.2%のポイント還元があります。つまり、月81,600円のカードでの支払いがあれば、スタディサプリの料金を無料にできるんです。

家の光熱費、食費、水道代など、全て合わせると意外と金額はかかってくるもの。まとめてカード払いにして、ポイントを貯めて、スタディサプリの支払い料金をポイントにより節約するのもありですよね。

 

リクルートカードプラスならもっと貯まる

リクルートカードには、上位版として年会費が2000円(税抜)かかる代わりに、2%のポイント還元率を誇る「リクルートカードプラス」というものが存在します。

もし、リクルートのサービスを他にも使うなら(例えば、旅行の時のじゃらんとか)、リクルートカードプラスの方がお得です。

 

リクルートカードはキャンペーン多い

リクルートカードは、新規入会キャンペーンとして、6000円分のポイントプレゼントをよく行っています(場合によっては、これよりも多い時もあります。無い時もありますが・・・)。

このキャンペーンのポイントは、期間限定なことが多いので、全てのポイントをスタディサプリにあてることは難しいんですけど、勉強道具を買う足しにしてもいいのかな、と思います。

もちろんリクルートカードは無料で申し込めるので、作ってしまってもデメリットがないのも特徴です。

 

まとめ

スタディサプリは、リクルートという巨大なグループ会社が運営しているサービスのうちの一つなので、他のサービスを使った時のポイントを上手く活用できる仕組みができています。

ちなみに、リクルートがやっている英会話サービスのレアジョブ英会話もポイントが適用できるのも忘れてはいけないポイントです。

勉強にお金をかけることは、自己投資(子供への投資)として、とても大事なことですが、少しでも安くできるなら、工夫したいところ。もし良ければ、試してみてくださいね。

 

リクルートカードの公式HPをみてみる→【リクルートカード】