理系の転職レポート

転職の話、ときどきお金と英語のお話

あなたが高学歴なら、就職時にスカウトされる状況を作った方が良い理由

就職活動は、これまでリクナビやマイナビにエントリーし、そこからエントリーすることでスタートを切る事がほとんどだと思います。

しかし、高学歴な人ならそういった一括エントリーできるサイトに加えて、スカウトされる状況を作っておいた方が良いと、社会人経験を踏まえて考えています。今回はその理由について紹介していきたいと思います。

高学歴ならスカウトサイトに登録した方が良い理由

実は理由は非常にシンプルで「就職活動で特定の大学の採用チームがあるケースがある」からです。つまり、ある大学(場合によっては特定のゼミ)の出身者を企業が求めており、直接声かけをしたいパターンがあるんです。

そんなことあるの?と思われそうですが、実はそういった会社は存在しています。

そういった行為をあからさまにして採用する事はありませんが、採用する側にとっても、学歴が良ければ・・・と思う側面は少なからずあります。そのため、最初から特定の大学で採用を見込むケースがあるのです。 

 

とはいっても、採用側も簡単には出会えない

これが難しいところなんですが、採用側の方も欲しい人材(タイプ)がいたとしても、結局は一括登録サイトを通じた応募でしか採用する事ができませんでした。

採用する側としても、理想から遠いところの人材ばかりだと、時間的にも金銭的にも疲弊していってしまいます。

 

最近になって登場してきたのがスカウト

ここ数年の就活市場の中で、特徴として現れてきたのが、スカウトサービスです。

スカウト(ヘッドハンティング)というと、転職市場のようなイメージですが、最近は就職活動においてもこの言葉をよく聞くようになりました。

色々なスカウトサービスがありますが、もの珍しさで言えば一番は「ニクリーチ」でしょう。詳しくはニクリーチの公式ページを見ていただくとわかってもらえると思います。

画像から公式ページへ行けます。画像のインパクトがデカいけど、公式ページのインパクトはもっと凄いです。

 

なんとスカウトの声がかかると、人事から食事をご馳走してもらえるという、非常に面白い就活支援サービスです。ちゃんとスカウトがかかるかは別にして、登録しておくのはアリでしょう。

※ニクリーチを提供している会社は、ハイクラス求人だけを取り扱うことで有名なビズリーチも運営しています。 

 

ニクリーチの珍しさはさておき、スカウトは採用する側にとっても、そして採用される就活生側にとっても、非常に効率的に進める事ができるメリットがあります。

色々と基準はあるでしょうが、まずは大学名でフィルターをかけるでしょうから、高学歴の人なら、色々なチャンスがある可能性があります。こういったサービスに登録するのを忘れて、機会損失にならないように気をつけましょう。

 

スカウトのような待ちがいやならエージェント

就職活動は、やる時期が遅くなるほど追い込まれますから、スカウトサービスだけに頼るのは危険です。しかし、企業とのマッチングは挙げて、なんとかして内定をもぎ取りたいものです。

そういった人にぴったりなのが、エージェントサービス。就職活動をしている人なら、ほぼ確実に知っているであろうマイナビが提供している「マイナビ新卒紹介」というサービスがあります。

このマイナビ新卒紹介では、その人のタイプに合わせて会社を紹介、面接、そして内定まで導くサービスになっています。

 

大学生の場合は、社会人経験がないため、実際に使えるスキルよりも、本人の経歴や自己アピールの方が重視されます。そういったところをエージェント経由で、採用する会社にアピールする事ができますよ。

【関連記事】マイナビ新卒紹介って何? エージェントが紹介する新しい形の就活スタイルです 

 

エージェントの場合は、こちらにも選択肢が

マイナビ新卒紹介では、キャリアカウンセラーがあなたに合った求人をいくつか紹介してくれます。

この時点で求人票を見て、自分がその会社を受けるかどうかを決める事ができる、メリットがあります。

先に紹介したスカウトシステムの場合は、サービスの仕組み上、「待ち」になってしまうことから、就活生の選択肢を持つことができないというデメリットがありますね。

 

まとめ

正直、昨今の就職活動はいわゆる「売り手市場」で、就職活動生が選びやすい立場になっています。しかし、売り手市場は良い状況だけとは限りません

その理由は、大企業にエントリーして進んでしまうことで、自然と周りの会社をみないままに就職活動を終えてしまうからです。

私自身、多くの会社にエントリーしましたが、社会人になって、ベンチャーやスタートアップと呼ばれる企業が活躍しているのを見ると、就職するかどうかは別にして、そういった人とコミュニケーションする機会を逃していたんだな、と改めて感じます。

特にこの記事でも書いたように、高い学歴を持つ人は企業のフィルターにかかりにくい分、色々な会社から、自分の考えていなかった会社から直接スカウトが来たり、エージェントから様々な打診があるかもしれません。

こういうふうに、積極的に自分と違うコミュニティに関わっていけるのは、就職活動ならではのメリットですし、ぜひ機会損失しないようにしてくださいね。