読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれ!まなぶひと!

中学受験経験者がスタディアプリを使ってみて、レビューするブログ

【レビュー】英語の勉強にスタディサプリEnglishはどう?徹底解説するよ!

英語の勉強法

久しぶりに英語の勉強を取り組むために、スタディサプリEnglishをコツコツと取り組んでいます。取り組み始めた理由は、色々あるんですけど、まず英語が話せたらカッコイイよね、というのと、TOEICの点数を取って自慢したい!から。

今回は、そのスタディサプリについてオススメのポイントを徹底解説したいと思います。それではいってみましょう!

実際にやってみて

まず結論から言うと「月980円でできる、こんなに凄い英語教材あったんだ」ということ。

後から理由は詳しく書いていますけど、「教材が学習者のレベルに合わせて豊富にあること」と、「学習にあたって工夫されているポイントがたくさんあること」、そして何より「安い」こと。

Apple Storeのレビューを見てみても、4点越えの高評価になっています。スタディサプリは月額制のサービスですが、課金するサービスの中でこれだけ評価が高いのも珍しいような気がします。

それでは、具体的にサービスの内容について、僕が使ってみた感想も合わせて説明していきたいと思います。

 

運営会社リクルートについて

まず、スタディサプリEnglishって聞いたことないサービスだけど、どんな会社がやってんの?と思われる方が多くいると思います。

これは、「リクルートホールディングス」という会社が運営しているサービスの一つで、このリクルートは、グループの従業員数が3万人を超える、超大企業です。

就職活動をしている人は、名門企業なので、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

リクルートが展開している他のサービスとしては、宿泊サービスとして有名な「じゃらん」や結婚で有名な「ゼクシィ」などがあります。

そんなリクルートが本気で作ってきている勉強のサービスがこの「スタディサプリ」なんです。

 

スタディサプリは大きく分けて2種類

スタディサプリには英語を中心としたサービスである「スタディサプリEnglish」と、テスト対策を中心とした「スタディサプリ」の2種類があります。

どちらにも英語があるんですけど、スタディサプリEnglishは、英語を聞いたり、話すことが中心となっていて、スタディサプリはあくまで勉強に特化しています。

 

文法を学ぶならスタディサプリもあり

スタディサプリEnglishは非常に良いサイトですが、基本的な学習をするならスタディサプリの英語も一緒に使うと、より詳しく、論理的に学ぶことができます。

というのは、基本的にスタディサプリEnglishは、英語を聞いて、こなしていくというのが、基本になっていて、ベースの勉強はあまりないからです。

文法の勉強などをする場合は、断然スタディサプリの方が良いです。その理由は、優秀な講師陣がビデオで説明してくれるからなんです。

この辺りの良し悪しは、実際に試してみると良いと思います。通常のスタディサプリも無料体験があるので、比較してみるといいかもしれません。 

 

通常のスタディサプリを見てみる→スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

 

 

達成感を感じやすい仕組み

一番重要視したいのがここで、スタディサプリの一番の特徴が達成感を得やすいこと。

問題をクリアした時の得点や勉強時間をカウントしてくれることで、やる気が出てきます。

英語の勉強は、受験勉強と違って、基本的に終わりがないですからね。継続できる仕組みは大事です。

 

 

英語レベルテストで自分の実力を把握

英語のレベルテスト、やってみるとよくわかりますが、めちゃくちゃ難しいです。

僕はTOEICは650くらいはあるんですけど、レベル2になりました。リスニング弱すぎるのかな。。。?

ちなみに、妻にもやってもらったんですけど、一つ高くてレベル3でした。

 

 

豊富な教材

スタディサプリには勉強するための教材がたくさんあります。まず、レベル別に全部で7コースあります。

 

各レベル別に教材が準備されているのですが、僕が受講しているレベル2でも200を超えるレッスンがあります。

 

 

実績を積んだ講師陣の監修

海外の大学を経験した人も数多く、あの東進ハイスクールで特別講師をする先生もいます。これらの先生が監修しています。

本来であれば、これらの先生から学ぶのは相当な金額がかかりますが、有名な先生達が監修して、ネット配信型で多くの人が使っているからこそ、月額980円という価格に抑える事ができるのもメリットですよね。

 

 

テキストは4部構成

基本的に、テキストは3部構成になっていて、リスニング、ディクテーション、スピーキングとなっています。細かく説明していきたいと思います。

ちなみにここでは、僕が今やっているレベル2を使って説明しています。

 

内容理解

まず内容理解では、リスニングだけで四択テストを求められます。回答は日本語なので、英語の選択肢から選ぶ必要があるTOEICよりも難易度は低め。

面白いのが、話している人のスピードを調節できること。

 

ディクテーション(書き取り)

これは、内容理解で聞いた内容の一部を書き取りしていくもの。

雰囲気で、内容理解の答えがわかっても、 ここではきちんと単語を聞き取れてないと正解になりません。

だからこそ、何度も聞く事で、「あぁ、こういう言い回しなんだ」と理解することができます。

 

会話文チェック

会話文のチェックでは、その単元での会話内容を日本語と英語を照らし合わせながら見ていくことができます。

もちろん、この時でも会話スピードは調節することができます。遅く聞いてから、あえて早めてみてもいいかもしれません。

遅いものから、速くすることで発音の聞き取りにくさをカバーできると思います。

 

スピーキング

さらに面白いのが、「スピーキング」。マイクで聞き取った文章の発音をチェックしてくれる機能なんです。

マイク持ってないよー!という人もいるかもしれませんが、スマートフォンでもできます(むしろ、こっちの方が認識機能高そう)。

自分の発音と、ネイティブの発音を比較するアプリはあまりないので、それだけでも、価値がありますね。

 

進捗は自動更新

スタディサプリはパソコンでもできるし、タブレット、スマホでもできます。

スタディサプリをやったデータは全て、ネット上で保管されていて、自動的に更新してくれています。どの端末の内容も自動更新してくれるのは、ラクチンです。

 

それぞれのテキストをやってみた感想

テキストをやってみて感じるのは、「スキマ時間を有効活用して、勉強できる!」ということ。大体1単元が10分かかるか、かからないくらい。途中で止めてもOK。

テキストの構成は文句なしに良くできているので、スキマ時間でコツコツできるというのは、本当に大きいです。

 

英語の力を身に着けることに一番重要なのは、やっぱり継続。

でも、わざわざ「勉強するぞ!」という感覚でやると、開始するまででエネルギー使っちゃいますよね。

スキマ時間でもできれば、継続は簡単になります。電車に乗っている時間を、ちょっと使うだけでも、週2,30分は簡単にいきますよ。

 

スタディサプリ英単語も優秀

このスタディサプリと併用してぜひ使ってほしいのが、スタディサプリ英単語。完全無料で使える英単語アプリです。

【関連記事】スタディサプリ英単語は本当に凄い!無料でできる最高の単語帳ツールかも 

 

こちらは英単語の一問一答。収録されている単語も多く、しかもゲーム感覚で、サクサクとできるので、おすすめ。

 

7日間の無料体験

スタディサプリEnglishは、最初に7日間の無料体験があります。ここで気に入れば、継続して使えばよいと思いますし、そうでなければ、やめればいいんです。

また、月単位の契約ですし、止めるのもネット上でOK。誰かに気を使う必要もないのはポイント高いです。

 

まとめ

色々と書きましたが、「まずはやってみてください」、それに尽きます。

英語だけでなく、勉強方法は人によって、得手不得手があります。ですから、僕がどれだけ良いといっても、合う人と合わない人がいるでしょう。

スタディサプリEnglishは、無料で7日間できるので、お試しで納得して使えるかどうか、考えてみて下さいね。

 

公式HPを見てみる⇒スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!