読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばれ!まなぶひと!

中学受験経験者がスタディアプリを使ってみて、レビューするブログ

スタディサプリのデメリット7つ!! やっぱり勉強には「やる気が重要」

スタディサプリのデメリット

f:id:tonashiba:20160406212831j:plain

どうも、こんにちはモリモトです。

 

ネット配信型の授業で、パソコンかタブレットがあればいつでも、どこでも受講できるメリットの大きいスタディサプリ。サービス全体を考えてみても、月額980円は正直安すぎてびっくりします

 

とはいえ、できないことも当然。今回は、スタディサプリのデメリット(できない事)についてまとめてみました。

 

 

質問ができない

ネット授業なので、受けている授業に対してリアルタイムな質問ができません。これが一つ目のデメリット。

 

授業を受けていく上で、その子のレベルを超えて、わからないことっていつか絶対に出てきます。その要因は、子供のレベルの範疇を超えたから、若しくは講師の説明が下手だからの2通りが考えられます。

 

どちらにせよ、授業内容の理解度をより向上させるための質問ができないというのは、デメリットの一つですね。

 

 

添削サービスがない

ドリルやテストを受けるとよくわかるのですが、基本的に正解か、不正解かの判定しかされません。そのため「どこで間違えたか」が分かりにくくなっています。

 

社会や、理科といった暗記科目ならこのスタイルでも良いのですが、国語や英語のような添削があった方が良い場合には、デメリットとなりえるでしょう。

 

 

勉強に対する強制力が弱い

スタディサプリは、録画型のネット配信なので、周りに監視する人は誰もいません。つまり、子供がどれだけ自主的に取り組めるかにかかっているのです。

 

子供のタイプによって違うと思いますが、たとえば、リビングにパソコンを設置しておいて、見えるところで授業を受けさせるというのもひとつの方法かと思います。

 

 

問題のパターンが少ない

理解度を高めていく上で、色々な問題をこなしていく事は必要だと思いますが、スタディサプリは、ドリル、テストの問題を合わせても、問題数がちょっと少ないかなというのが印象です。

 

スタディサプリと合わせて、紙の問題集を1つ組み合わせるくらいがちょうどいいんじゃないかなと思います。

 

 

ゲーム要素「サプモン」がある

 これは賛否両論あると思いますが、スタディサプリの中には、「サプモン」と呼ばれるゲーム要素があります。勉強を進めれば進めるほどポイントがもらえて、モンスターを集めたり、アバターを着替えさせられたりできるものですね。

 

ゲーム要素を入れて、やる気にさせるのも1つの手だと思うのですが、それが目的になって、勉強に割く時間が減ってしまう可能性も無きにしもあらず・・・ゲーム設定必要かどうか、初期設定で選択できればいいんですが。

 

 

一つの単元に同じ先生しかいない

まだまだ始まったばかりのサービスなのでしょうがないかもしれませんが、1つの単元を説明する一人の先生しかいません。つまり、見方の違う教え方を受けられないというデメリットがあります。

 

授業って、人対人なので、合う先生、合わない先生って絶対にいます。だからこそ、単元毎に二人の先生を用意してくれているといいんですけどね。見方が違えば、理解も早いかもしれないですし。

 

 

パソコン、タブレットが必要

準備段階としてのデメリットですが、パソコンやタブレットを今既存のものを使えればいいですが、場合によっては新規購入する必要がありますよね。

 

購入費用は、安く見積もっても、数万円はかならずかかるので、初期投資がかかるというのが一つのデメリットです。

 

 

 モリモト的まとめ

モリモト
デメリットをいくつか挙げましたが、結局は本人のやる気次第。スタディサプリは低価格で授業とドリル(テスト)がたくさんできるので、うまい使い方を親が教えながら、やる気を引き出してやることが重要じゃないでしょうか?